2010年04月18日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | Time : | CM : 0 | TB : 0
2006年03月19日
大分お久しぶりの更新です。
て言うより、お茶を濁すほどの更新ですが(^_^;)

「もう一つの白姫奇伝」に、新らしいストーリーを加えましたよ。
「白姫奇伝」の七巻までご覧になっていただいてから、お読みいただいたほうが良いかなと思われます。

始めて縦書き小説にしてみました。
なんだか、この話はこんな雰囲気が合うような気がしましてね。
この書式に加工するのが、めんどくさかったです。
楽しかったけど。

作中の「樟肢君」という人物。誰だかお分かりでしょうか?
彼の別名を覚えていれば判りますね。
第一巻から出張ってる、あいつであります。
そして、「凌玲嗣」が誰であるか、気がついていただけると、ちょっと面白く読めると思います。
しかし「樟肢君」いじめられてますね。
ええ、彼は虐められっこなんですよ、実は。

「老樟公」というジジイ。
こいつが、同じく「もう一つ」の「鎖」に出ている「政吉さん」とは、真逆に居るジジイです。
もう、白姫奇伝上、最低最悪のジジイとされています。
政吉さんと同じくエロジジイなんですが、政吉さんと正反対に陰険で、悪毒で、正直こいつが一番の・・・・・・・、って、これ以上ばらしてはいけないかな。たはは。


「白姫奇伝 九」は、なかなか順調に書き進んでいると思います。
現在は、この今の章のクライマックスに掛かる辺りを書いているわけです。
今までの前置きを一気に刈り取る為に、頭コングラガリながらも、書いててすっごく楽しいです。

できれば、またFLASHなども作りたいなぁ、と目論んではいるんですが、時間が取れなければ、企画倒れの可能性も無きにしも非ず。

とにかく!新刊更新まで、もうしばらくお待ちくださいませね。
By ゆた | Time : 18:05 | CM : 0 | TB : 0
2010年04月18日
By スポンサードリンク | Time : | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :