2010年04月18日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | Time : | CM : 0 | TB : 0
2005年11月04日
見てまいりました「ブラザーズ・グリム」
ああ、ネタバレ書きますから、これから映画をご覧になる方は、ご注意。

良いですねぇ、残酷童話物語。
いろいろなグリム童話のアイテムが、ちょろちょろと盛り込まれて、探すのもまた楽しかったです。

ただ今回も訳が、もひとつだったなぁ・・・。
訳してる本人はわかってるから、平気で進めちゃうんだと思うけど、「何でそこで、その単語が急に浮上するの?」ってところが随所に見られたぞ。
グリム弟が行き成り「ラプンツェル!」の単語を出したのさえ、そら出展はどこから出たのか知ってるけど、世界観的に弟はどうやってその話を知ったのかとか、さっぱり判らん。
お陰でいまいち、想像で補わなきゃならんかったさ。
恐らく弟は、そういう御伽噺が好きで、その上で知った話なんだろう。
それとも、訳のせいではなくて、もともとそこら辺の説明はすっ飛ばされてるんだろうか。
でもだったら、その後に「こういう話があるんだ」と、兄と話すシーンぐらいあっても良いだろうに。
村人が女王に嘘の魔法を教えた?いつそんな話出てきてたっけか?
面白かったから、いいけどさ。

それにしても容赦なく、気持ち悪かったですよ。見れないほどじゃないですが。
特に虫!!ウジャウジャいる虫ほど、ゾゾるものはないでしょーよ。
生首も出たね・・・。
のっぺらぼうまで。
泥が人の顔を盗むの?で、身体ものっとるの?そういうモンスターがいるのかな?
それで、なんで塔の池に浮かぶんだ?井戸を通ったのは判る。
親父さんが、狼になっちまったのも「あかずきん」に関連付ける為の、こじつけな気がしないでもない。
女王が、奴を狼の姿にした理由があるんだろうか?森を移動しやすいように、かな。
その狼の動きが、どうにもぎこちなかった。
CGだよね。
森の樹の動きが、嫌なほど滑らかだったから、余計に手抜きに思えるんだが。
やっぱり動物の動きには、気をつけて欲しいかな、と。

フランスに対して、なかなか辛らつなこと言って無かった?
あの音楽はヒドイとか何とか(苦笑)
フランスに占領されてから、森が狂ったとか(^_^;)
反対にフランスの将軍がドイツの料理を、不味そうに食べたり(笑)
手作りの血のソーセージだったっけ。
大丈夫なん?あの表現。
部外者としては、笑っていられるけど、両国間ではどういう風に感じるんでしょうね。

そういや、もともと敵キャラだったカバルディ。
グリム兄弟側についたのが、やはり唐突な気がする。
ヅラだったり、強いこといいながら、軟弱だったりするあたり、ただの適役じゃないとは思ってたけど、将軍の虐めにキレてだか、あっさり「辞職」って・・・。
それほど、グリム兄弟との交流だって、描かれて無いのに、兄の作った作り物の鎧をいつの間にか着てて、それで命拾いしたから?
だからあれ程、平気で拷問した兄弟に対して、なんの悪びれも無く仲良く出来ちゃうの?
人間的にどうよ。

やっぱりね、映像とか良く出来てるけど、あたしとしてはキャラが活きてるかどうかなんだ。
そこが重要なの。
って、そこ突き詰めていったら、何時間あっても終わらないけどね。


だから、あたしの「白姫奇伝」は、とてつもなく長くなっていく。



おや?楽しんだはずなのに、結構辛口だね?


最後に、腐女子的見方。グリム兄弟の兄弟愛に、結構「ふふっ・・・」っと思ったのは確かだ。
お互いイラ付くところもあるのに、やっぱり心配しあう♪
まじ兄弟のキスシーンが見られるかと思って「えっ♪」とか思ったあたしはどうしようもない鬼畜ですか?
By ゆた | Time : 12:05 | CM : 0 | TB : 0
2010年04月18日
By スポンサードリンク | Time : | CM : 0 | TB : 0

Comment form









トラックバックURL :